心えがお生活

ダンスとビーガンと海外旅行

心えがお生活

99 Cents Only Stores 日本の100均と比較

カテゴリー:ロサンゼルス, Grocerry store

今日はアメリカ合衆国カリフォルニア州の小売り販売企業 99 Cents Only Stores のレポをしたいと思います。
こんにちは!Chikaです。
100円均一(100均)と言えば、日本ではダイソーをはじめとし、セリア、キャンドゥ、など全国各地で見ることができ、100均メイクだったり、100均模様替え(お部屋のリメイク)など、わずか100円で出来るアイデアの紹介も人気ですよね。そんなお得でワクワクするような100円ショップ。 アメリカにも、日本の100円均一らしきショップがあることを知りました。 日本の100均と比べて多いもの、少ないもの、その他気付いたことなどを綴ります。(店舗によります)

日本の100均と比べて多いもの

飲食料品

日本と比べて断トツ多く感じたのは、飲食系統でした。 お店エリアのほぼ半分を占めていると思われます。
ショップに入って直ぐ、2リットルのジュースがずらっと並んでいます。アメリカで人気のスポーツドリンク『Getorade(ゲータレード)』なんかもここだと99¢で買うことが出来るんですね~。
いかにもアメリカンなスイーツが並んでいます。
お米やカップ麺などもあります。
ココナッツクリームやパンケーキのミックス粉など、製菓も充実。
ステビアなんかも99¢なんですね~
そして、例外の棚も。こちらはワインですが、$3~4あたりで購入できます。
さらにはパイナップルやミカンなどのフルーツ、アスパラガスも物凄い量の束ですが、これが99¢。ここまで安いと品質が不安になりますが・・・
ドレッシングや袋入りになった野菜のサラダなんかまであります。100円ローソンと100均が合わさったような感じかもしれませんね。

ペーパー系

トイレットペーパーやペーパーナプキンがあらゆるところに置かれていました。
ちなみにアメリカのトイレットペーパーは、日本のものに比べると1ロールが大きいです。

パーティーなんかで使うお皿やコップなど

BBQなど、パーティーなんかでよく出されている紙のお皿やコップが、なぜか多かったです。
プラスチックのお皿やコップなんかもありました。

ラップ

ラップも凄い量です。

その他、気になったこと

文房具類

日本の100円ショップでは文房具が多い印象ですが、アメリカでは文房具コーナーは少ないです。そして・・・置き方が非常に雑ですね(苦笑

食器類

セリアなんかに行くと、「本当にこれが100円なの?」と思うような可愛らしい食器コーナーがありますよね。99¢ショップでは、食器コーナーも少なく、好みの問題ですが、私はあまり可愛いと思うような食器を見つけることが出来ませんでした。

コスメ類

残念なことに、99¢ショップではあまりコスメが充実していません。この写真で撮っている範囲だけです。

まとめ

アメリカの99¢ショップでは、食料や飲料、またペーパーやラップなどの消耗品が多い印象を受けました。 日本の百円均一では、文房具が多く、といっても全体的に平均して物が売られていると(個人的に)思うんですが、こちらは多いものと少ないものとの差が激しいですね。
ちなみに、アメリカにも日本のダイソーがあります。が、お値段が$1.5となっており、日本円にすると160円前後となります。州によっては税金も含めると200円近くなるので、私はアメリカではダイソーに行きません(笑