心えがお生活

海外生活,ビーガン,プレゼントボックス

心えがお生活

KLインド人街にあるベジタリアンレストラン

住民の40%が菜食主義者(ベジタリアン)だと言われているインド。
そんなインド人が集まるエリアがここ、インド人街(リトルインディア)と呼ばれているエリアです。
こんにちは!Chikaです。
クアラルンプールにあるインド人街、BrickFields(ブリック・フィールズ)へ行ってきました♪
ここにきた理由は、本格的なインドベジ料理を味わいたかったから!!
この街では殆どのレストランでベジ料理をいただけるのですが、 とくにこちら、Annalakshmi(アナラクシュミ)というインドの慈善団体が経営しているレストランはお薦めです!
KLセントラルの駅を降りて、徒歩20分くらいでしょうか。 街の人に道を尋ねながらここまでやってきました。
看板を見つけましたが・・・え・・・本当にここ??少し薄暗かったので半信半疑。しかし、ちゃんと看板あるよね。
下りて左へ曲がると・・・あ。ここか~!なんかちょっとイメージ違うけど・・・
そしてこの後、私は目を疑った。
手で食べてる!!!
そうでした。インドって手で食べるんだっけ?!!
すっかり忘れていた私。こんな日に限ってウェットティッシュきらしてる。
日本人が珍しかったのか、入った時点で物凄い視線を浴びました。
ここで引き返すわけにもいかず。。。恐る恐る前進。もう覚悟しました。 覚悟して料理を注文しに行ったけど・・・あれ?なんだか肉入ってないか?ベジタリアン専門店って聞いてたけど。
そう思ってお店の人に聞いてみた。すると、どうやらここじゃなかったらしい。(正直ほっとしてしまった)
こちらのお店の人に教えてもらって目的のレストランに着きました。
・・・全然看板の方向じゃなかったよね。(何故あっちに看板が置いてあったのか)
坂を下る必要はなく、門から入ってすぐのビルのエントランスにありました。
中に入って少しビビりました。なぜなら、マレーシアに入国して以来の初めての綺麗さ。
まさか高級店?!これ、いくらするの?!
とは思ったけど、ここはさすがマレーシア。安かった!!
ランチヴュッフェでRM23。日本円にして約600円です。
バナナの皮が敷いてあるトレーに乗せていきます。
いかにも辛そうな料理がずらり。食べたことが無いものばかりです。
私が料理を観察しているのを見て、こちらのオーナーらしき人がウェイターの子に私に料理を説明するよう指示してくれました。
中学生くらいでしょうか。バイトか何かかなと思うのですが、凄く可愛らしい男の子ウェイターさん。
ずっと私が料理を取り終わるまで、私の背後について「これとこれを合わせると美味しいよ」と教えてくれたりしました。
珍しかったのはこちら。お米の近くに置いてあったのですが、見たことのないパウダーとオイルです。
ご飯にかけて食べるらしく、日本の黄な粉みたいな感覚ですね。
ただし、味は全く違います。個人的にはオイルの方が味わった事のない味で気に入りました。
他、何を食べても辛かったです。
・・・逃げ場がない。唯一の救いの水。と思って飲んだけど。
温かった。
ところで、これなに?って思ったのですが、スイーツでした。
なんと。ココナッツミルクに・・・お米!!!(肌色のはカシューナッツ)
こちらはヨーグルトですが、中に入っているカラフルなものは最後まで何なのか不明でした。
味は・・・無味。スイーツなのに、なぜかあまり嬉しくなかった。
最後に、オーナーさんがサービス?してくれたのか、チャパティを追加で持ってきてくれました。
グリーンのチャパティは焼きたてのようで、暖かかったのと、バターの香りがしました。
チャパティってお店で食べたのは初めてだったのですが、バター結構使っているのね。知らなかった。

感想

綺麗だし、スタッフの方も親切で気持ちの良いお食事が出来たと思います。私はリピートしました。 メニューは本当に辛いものばかりですが、スパイスが効いていて癖になる味でした。