そしてバチャータに心を奪われた徳島県民です

大好きなダンサーを追いかけた結果いつの間にか世界を旅していた

そしてバチャータに心を奪われた徳島県民です

インターシティーバス

カテゴリー:ニュージーランド縦断

動画で、インターシティーバスの他、アトミックトラベルネイキットバスというものがあるとお伝えし、インターシティーバスのサイトしか見つけられなかったとお話ししたのですが、その後、アトミックトラベルのサイトは、人づてに教えてもらいました。 ネイキットバスは、3ヶ月過ごして一度も目にしなかったので、やはりサービスが終わっていると思います。 逆に、サウスアイランドへ入ってからは「Kiwiバス/KIWI EXPERIENCE」というのを頻繁に目にしました。私は今回インターシティーバスしか利用していないので詳しいことは分かりません。すみません。気になる方は独自Googleで調べてみてください。

インターシティーバスを使った感想

さて、ここからインターシティーバスを使った感想を書きたいと思います。
今回のニュージーランド縦断の旅に置いて、3度に渡りインターシティーバスを利用させていただきました。

1回目は、ロトルアからウェリントンまでの夜間バス

2回目は、クライストチャーチからテカポまでの朝のバス

3回目は、テカポからクイーンズタウンまでのお昼のバスです。

1:ロトルア→ウェリントン 夜間バス

先に結論から言うと、全く寝れませんでした!爆
ロトルアを10時35分に出て、こっちに着いたのが6時15分だったのですが、めっちゃくちゃ疲れました。 理由は多々あります。

理由その1:狭い

実際きちんと人数分の座席があるはずなのですが・・・ 一人で2~3つの席を取って寝ている人がいたり、(こういうことを言うのは申し訳ないけど)体が大きい人が多すぎました。

理由その2:臭い

休憩所にストップする度に食べ物を買ってくる人が数名いらっしゃって、それもフライドチキンだとかの匂ってくる食べ物だったので気持ちが悪くなりました。また、たばこを吸っている人なんかも多かったので、バスの車内では吸いませんが、休憩の度に吸いに出るので、帰ってくると煙草と食べ物の匂いが混ざって気持ちが悪くなりました。

理由その3:寒い

寒いのは想定内だったのですが・・・ここまでとは思いませんでした。私以外にも寒いと文句を言っている人が何人もいたくらいで、本当に今回のバスは寒かったです。にも拘らず、ブランケットなどは一切ありません。私は準備していたので良かったですが、無い人は本当にかわいそうでした。

クライストチャーチ→テカポ 朝のバス

クライストチャーチのバス停留所では、プラグがあるので充電が可能!
こちらは結論から言うと、この値段でこのサービスでいいの?というくらいでした。
何が良かったかというと、まず運転手さんが非常におちゃめな方で、出発してから10分くらいの間、バスでの過ごし方(注意事項)や、これから行くテカポについての説明など、ジョークを混ぜながらアナウンスしてくださいました。テカポが見えてきた時にもテカポについてアナウンスしてくださり、「え?これって普通のバスだよね?ツアーじゃないよね?」という感じ。 出発時刻は早朝でしたが、バスは30分以上前に準備されており、人が全員集まり次第出発してくださったので、予定時刻より20分くらい早く出ました。おかげで途中のトイレ休憩時間もたっぷりとれ、テカポに到着した時刻も予定通りでした。

テカポ→クイーンズタウン お昼のバス

テカポまでのバスが非常に良かったので、期待をしていたのですが・・・
テカポからのバスでは時間が30分ほど遅れて出発、もちろんバスは遅れて到着しました。また運転手さんは非常にぶっきらぼうな方で、もちろんアナウンスも一切なく、トイレ休憩ですらアナウンスがありませんでしたね。
今回3回利用してみて思ったのは、おそらく冷房は何度で…等といった決まりごとはなく、社内サービスは運転手さんよるみたいです。インターシティーバスを快適に過ごせるかは、運ですね。

インターシティーバスのバス停留所

インターシティーバスはニュージーランドの北半島と南半島共に沢山の停留所があります。基本的には出やすい場所にあるので、お値段もそこそこしますが、非常に使いやすいバスだと思います。

インターシティーバスの予約

インターシティーバスの予約は簡単でした。一つ注意することと言えば、私の様に複数回利用することが決まっているならば、1度に予約して支払ってしまいましょう!なぜなら1つ1つ座席を購入すると毎度手数料をとられます。