心えがお生活

世界でたった一つのプレゼント

心えがお生活

花粉から逃げる為にトロントへ来ました

カテゴリー:トロント観光

気が付けば日本は花粉の季節。そして私はひらめいたのです。
そうだ、トロントへ行こう
と、いうのは冗談で・・・(いや、若干リアルです)英語の勉強が出来るということや、好きなダンススタジオがあったり、サルサやバチャータも盛んだという事を聞いたので来てみました。

カナダ最大の都市、トロントの魅力って?

トロントと言えば・・・100以上の民族が集まるというマルチカルチャーの街
ニューヨークが「人種のるつぼ(melting pot)」とよく言われるのに対し、トロントは人種のモザイク(cultural mosaic)」と表現され、どの国の人も自国の伝統や文化を大切に守り、共存しているそうです。

ライフトロントさんからお借りしました

毎度おなじみ、チャイナタウンやコリアンタウンはもちろん、イタリア、ポーランド、アイルランド、ギリシャ、ポルトガルなどのヨーロッパ系の町もあれば、インド、ブラジル、ユダヤなんてのもあり、個性豊かな街並み(ネイバーフッド)が広がっています。もちろん、日本人が多く集まる街もあるそう。オンタリオ湖に面して広がったこの辺りをダウンタウンと呼んでいるそうです。

トロントについて調べてみた

行くのは良いけどトロントについて全く知らない私。ちょっと調べてみました。

トロントはオンタリオ州という州の州都

商業や経済などカナダの中心といえる街

カナダの面積9,985,000 km²に対し、なんと人口は日本の約4分の1の3400万人といわれており、その約6分の1の人口550万人を超す人がトロントに住んでいる

公用語は英語フランス語

なのだとか。(面積や人口を聞いてもいまいちピント来ませんが)日本よりは人口が少ないと言えそうです。 正直なところ、どれくらい住めるか分かりません。観光ビザで最長6ヶ月ですが、魅力を感じなかったら1ヵ月で帰るでしょうし、楽しければ残るでしょうし、期間は未定です。実際のところ、到着してすぐに色々トラブルもあり、かなり萎えている状態なのですが・・・(※追記:トロントから帰国して書きました→Airbnbトラブルの事例~約10万円損失)とりあえず、せっかくほぼ地球の裏側まで来たので頑張って生活してみたいと思います。