心えがお 株式会社

心えがお株式会社は、笑顔という財の生産工場です

心えがお 株式会社

強さだけの人も、弱さだけの人も存在しません

どんな人も「強さ」と「弱さ」の両面を持っているものです。

こんにちは。心えがお代表 岸田知佳です。
あなたの周りに「精神力、強いな~」と感じる人ってどんな人 がいますか?
逆に、「あの人、精神的に弱いな~」と思う人って誰がいますか?

今、あなたが頭に思い浮かべた人がどんな人なのか、私には分かりませんが、
あなたが「強い」と、位置づけている人でも、
ある人や、ある事柄に弱いことがあることでしょう。

逆に、「弱い人」と位置づけている人にも、
ある事柄に対しては強いという事があると思うんです。
なぜなら「強さ」も「弱さ」も反応だからです。
どちらが優っているというものではありません。
大切なことは、
【私はどんな 状況の中で「強い」のか。 私はどんな状況の時に「弱さ」が生じるのか?
について気づくこと・知っている】
という事です。

また、その根がどこにあるかを知り、受容することが、とても大事です。
といっても、あなたがパッと思い浮かべた「強さ」というのは、
もしかすると、「弱さ」の歪んだ姿・・・かもしれません。

自分の「弱さ」を隠すために、 様々な攻撃的行動に表れた反応としての「強さ」です。
では、「弱さ」とは???
それは、過去に出来たキズにリンクした時の反応です。
普段は心の押入に閉まっているのですが、
真に癒されていないと、類似体験によりそこへリンクさせ、
必要以上に臆病になってしまったり、
必要以上にイライラしてしまったりするのです。

また、そんな自分を「一時的に」癒す(安心させる)手段として、
お金、仕事、お酒、煙草、ギャンブル、
男、ダイエット、整形、化粧、ブランド・・・
目に見える物理的なものが、一番簡単ですから、
つい、そこに依存してしまう事も少なくはありません。
そして、それはいつか偽物の自尊心と化して、本物の自尊心を育てていくチャンスを奪っているかもしれません。
つまり、
私は痩せていれば→ 愛されている・・・潜在意識にあるものは「私は愛されない」
私はブランドがあれば→ 自信満々!・・・潜在意識にあるものは「私には自信がない」
僕はお金があるから→ 人よりえらい!・・・潜在意識にあるものは「僕はえらくない」
僕は良い職についているから→ 優れている人間だ・・・潜在意識にあるものは「僕は人より劣っている」
今日の質問>>
あなたはニセモノの自尊心を、一生懸命に守っていませんか?
ぜひ、ちゅうぶらりんの自尊心を手に入れてください。
神様は、「強さ」も「弱さ」も全て愛し、受け入れて下さっています。
私たちは、強くあろうとすることは必要ありません。
自分の弱さを恥じる必要もありません。
恥じるなら、自分の中にある「弱さ」を認めない傲慢さ。
謙虚になりましょう。
自分の弱さを認めた時、きっと本当の強さを手に入れることが出来ますよ^^
09
今日も私達に素敵な事がありますように。

「自尊心」と「協調性」について

私はカウンセラーとしての経験を通し、心の病気(トラウマ)を克服していく過程で大切なことは、「自尊心」と「協調性」のバランスを覚えることだと思いました。
自虐行為が強く出ている場合、どちらかというと「自尊心」が課題となります。真の自尊心を育てていく事が、心の安定、依存からの脱出に繋がると考えています。