英語ゼロからの海外生活

ネイティブな英会話を身に付け、TOEICに挑戦

英語ゼロからの海外生活

ポリンザン・スパ Polynesian Spa

ロトルア2日目☆
ポリンザン・スパ(Polynesian Spa)へやってきました!

この記事の目次

施設のサービス

Wifi環境

脱衣所

ロッカーについて

飲み物について

スタッフの対応

持ち物について

1:水着

2:ビーチサンダル

3:タオル

4:体を洗うタオル・石鹸・シャンプー・リンス

スパの感想

施設のサービス

パンフレットは中国語や韓国語など、いろいろな国の言葉に対応されており、日本語のパンフレットも置いてあります。 コースは大きく分けて4つですが、パッケージになっているものもあります。お値段はコースによって違います。こちらは動画でご覧いただければと思います。

Wifi環境

お支払いを済ませてレシートをもらうと、レシートにフリーWifiのパスワードがあるので、こちらを使ってインターネットの利用が可能です。
入ってすぐの場所に机とチェアーがあるので、こちらで読書をしたりパソコンをしたりも出来ます。

脱衣所

脱衣所・シャワー・トイレは同じ場所にあります。が、狭くは無いのでそんなにストレスには感じませんでした。

ロッカーについて

ロッカーを借りることもできますが、$5かかってきます。

飲み物について

飲み物を買う自販機のようなものは特に見当たらなかったのですが、温泉のあちこちに給水機があるので、こちらで水を飲むことが出来ます。 というか、フロントで水をこまめに飲んでくださいと注意を受けます。

スタッフの対応

中に入ってまっすぐ行ったところでスタッフらしきお姉さんが居たので、どこが脱衣所なのか尋ねました。 スタッフの女性はとても親切でした。「あそこが脱衣所よ」と言った後、
お姉さん「待って、どこの国から来たの?」
私「日本です」
お姉さん「日本ね!スパに入る前にシャワーをしなくていいわ!NZでは誰も気にしないの!」
私「あ、そうなんですね、ご親切に有難うございます。」
お姉さん「私、以前日本の温泉へ行った事があったの。違う文化だから驚いたのよ!凄く沢山のルールがあって混乱したわ。」
と、気さくに笑って話してくれました。

持ち物について

動画の最後にも載せましたが、持って行った方が良いものです。因みに、入口で飲み物や食べ物の持ち込みを特に質問されることはありませんでした。が、持っていかない方が無難かもしれません。

1:水着

日本以外では殆ど水着を着用して温泉に入ります。 忘れた場合や、持っていないという場合はスパのフロントにあるショップでも購入が可能です。

2:ビーチサンダル

脱衣所は土足で入る形になっています。
これはココに限らず、私が今までに行ったスパやフィットネスも同様で、日本以外の国では脱衣所までは土足・・・というのが一般的なようです。 「裸足でも構わないよ」という方は良いですが、トイレもシャワー室も同じ場所にあるので、気になる方は持っていかれた方が無難だと思います。 こちらもスパフロント内のショップにて購入は可能です。

3:タオル

タオルは$5で借りることが出来ますが、 節約したい方は持っていくと良いと思います。

4:体を洗うタオル・石鹸・シャンプー・リンス

こちらは置いてありません。使いたい方は持参しましょう!

スパの感想

口コミには汚いとか書かれていることもあったので少し不安でしたが、温度もそこそこありましたし、(私の時は41度でした)海外なのでこのクオリティーでお風呂につかれるなら全然いいと思います。
また、客層についても、中国人が多すぎるという口コミがあったので、私は月曜日の午前中に行きました。そのせいか、人も少なくてゆっくり出来ましたよ♪(確かに客層の9割は中国人だったと思いますが) 温泉に浸かっている時に隣にいたおばさんに話しかけてみたところ、彼女はこの当たりに住んでいる現地の方でした。 彼女曰く、「夕方になると人が増えるから、人が沢山いるのが嫌なら今の時間帯に来た方がいいわ。」だそうです。
ただ、硫黄が強いのかな?ちょっと何が原因なのか定かではないのですが、肌が少しひりひりした感じがありました。または、ニュージーランドの紫外線が強いので、そのせいかもしれませんね。かなり日焼けしました。お湯を上がったあとは、パックをしたり、クリームを塗ったり、お肌のケアを念入りにした方が良いと思います。