英語ゼロからの海外生活

ネイティブな英会話を身に付け、TOEICに挑戦

英語ゼロからの海外生活

カナダ(トロント)でルームメイトを探す

以前、こちらのサイトでもご紹介したように、Airbnbを使う際にはメリット・デメリットがあり、正直、良いリスティングやホストさんに当たるかどうかは運になります。マレーシア、オーストラリアとAirbnbを利用しましたが、残念ながら個人的にはあまり良い評価が出来るものではなかったので、あまり使いたくは無かったのですが・・・ なんせ現地に知り合いがいるわけでもなく、知人にトロント滞在経験がある人もいなかったので、トロントでも大人しくAirbnbを頼りました。
が・・・現地に行くとホストは不在。宿泊している男性が家に入れてくれたものの、部屋はリスティングのものとは随分違う。そのうえ鍵がない。これではさすがに住めないと思ったので、リスティングの家から出ましたが・・・初めて来たトロントで、頼る人もいない。寝る場所・・・どうしよう・・・みたいなことになりました。フリーWifiが繋がるレストランにて晩御飯を食べながらAirbnbに問い合わせたのですが、十分な対応はしてもらえませんでした。
気になる方はこちらの記事に詳細があります。
私のような不運に当たることは、おそらく珍しいのかもしれませんが、今回の件で私が思ったのは、部屋のブッキングは自分の目で見て確かめてからが良いという事。とはいえ、国境を越えて部屋の見学に行くことは出来ませんので、最初はホステルみたいな安い場所で2~3日宿泊して、その間にいくつかの物件を見学して決めるのが良いかもしれません。私は次回からそうしようと思っています。

トロントでルームメイトを探す時にお薦めのサイト

物件の見学についてですが、Airbnbの場合はおそらく見学が禁止されているのかホスト側から断られるケースが多いです。また、手数料がバカにならないという点から、私のこれまでの経験上、シェアハウスを探す時にお薦めしたいのは現地で使われているルームメイト(フラットメイト)を募集しているサイトを利用することです。

E-Maple

こちらは日本語に対応しているので、英語が苦手な人でも安心して使うことが出来ると思います。
ただし、英語で書かれたリスティングも中にはあります。

kijij

こちらは英語のサイトになっています。海外の方とのシェアハウスをしてみたいな~と言う方は、こちらのサイトを利用された方が確立があがると思います。

使い方

①右上のタブのエリアを「City of Toronto」に変更してください。
※「All of Toronto(GTA)」にすると、トロント郊外も含まれます。
②「Real Estate」のカテゴリ内から「Room Rentals & Roommates」を選択します。

覚えておこう!

Distance・・・指定した場所から何キロまでの地点の家を表示するか
Offer Type・・・表示する広告の種類の設定
Offering →部屋を貸し出している大家さんからの投稿
Wanted →部屋を探している個人からの投稿
家を探しているので、「Offering」を選択してください。 Featured Ads・・・Urgent(急ぎ)の設定のある広告だけを表示できます。 ※数が少ないです。
Price・・・家賃の下限と上限の設定
Additional Info・・・写真や動画付きの広告だけ表示したい場合
Furnished・・・家具の有無。”Yes”に設定すれば家具付きの部屋のみ表示されます。 Pet Friendly・・・ペット可の物件を探す場合に設定します。

Craigslist

https://www.craigslist
こちらはアメリカで滞在中に知ったサイトで、見ての通り世界中に対応しているクラシファイドです。 使ってみた感想ですが、はやりアメリカで使われていることが多いかなという感じです。
使い方は、「Canada」を選択→「Ontario」の中から「Toronto」を選択。横に小さく表示される「tor」が「City of Toronto」のことです。郊外に住む必要がない場合にはこれを選びます。
次にカテゴリの「housing」から「rooms/shared」を選択します。 他にもまだまだ細かい設定が出来ますが、長くなるのでこちらは後日ご紹介できればと思います。

おまけ☆日本語対応 生活情報マガジン

TORJA

http://torja.ca/
こちらは生活情報マガジンになっているので、その時々のニュースやイベント情報なども知ることが出来ます。