心えがお 株式会社

心えがお株式会社は、笑顔という財の生産工場です

心えがお 株式会社

その苦手さは、マイナスなんかじゃない

カテゴリー:心を楽にする

最近、私の幸せがシンクロしているようで、周りの女の子が彼氏できたり、結婚のお知らせが来たりしています。
また、それと同時に最近では恋愛の相談も受けるようになりました。
私としては、恋愛に関しては苦手で、あまりブログでも書いてこなかったので、(書いてもかなりブラックな内容だった)
アドバイスが好きな自分としては、色々と相談してくれるのが嬉しいです♪
皆さんの幸せを心からお祈りいたします。
こんにちは!心えがお社長 岸田知佳です。

ところで、相談の中でも多いのが料理についてなのです。
調味料の選択やアレンジ・代用について、食材の選び方から扱い方、保存方法まで、聞かれます。
多いものは後ほど動画で説明しますね!
・・・と、


本題はそこではなかったのでした。。。(;・∀・)
最近は料理男子って増えてきているみたいですが、 まだまだ「彼女の手料理を食べる」という理想が定着している世の中であります。
料理が苦手な女の子は、なんとか話を濁して逃げているみたいですが、やっぱりそれにも限界がありますよね^^;
料理に限らず、人は何かしら苦手なことがあると、積極的になれなかったり、自信をなくす原因になることも。
でも「苦手」って、実は武器にもなるんですよ♡
昨日、相談された子を例にあげさせてもらいますが、(了承を得ています)
彼女のパートナーの男性は料理ができる人だと言います。

ならば!!
「ちょうどいいじゃない~!「教えて♡」って可愛く甘えたらもっと仲良くなるよ。」
と、伝えました。
そう、「人に頼る」っていうのは、もっと仲良くなる魔法(^^)/♪
11b
人って、でこぼこしているから噛み合うんです。
もし全てが出来てしまう人間なら、誰とも噛み合うことが出来ません。
ちなみに、私のパートナーは家事は全く出来ませんが、私はそういう人を望んでいます。

(変わっていると言われますが、家のことは全て自分が管理したいんです。)

自分の中にある「苦手」なものって、実は魅力なのかもしれません。
完璧じゃないから、人は愛おしいのです。
4年前の記事ですが、関連性のある記事があったので、お時間があれば覗いてみてください。
2011年12月6日 Chapter – 許す・認める・頼る  「自分の身は自分で守る」という勘違い